地鎮祭、、、最近見かけなくなりましたね。。。

  • 2019.01.20 Sunday
  • 13:59

 

地鎮祭とは、工事を着工する前にその土地の鎮守の氏神を祭り、

工事の安全を祈願するために行う儀式のことです。

これに参加するのは、建築主とその家族、監理者、

施工者、工事に関わる棟梁・職人などです。

建物を建てる土地や、土木工事をする土地の氏神様の神主をお招きして

地鎮祭をとりおこないます。

お供え物をして、祝詞をあげ、お払いをして浄め、

お施主様が初めてその土地に鍬(くわ)や鋤(すき)を入れます。

起工式と同時に行われる場合もあります。

 

もともとはその土地の氏神様を祀っている神社が地鎮祭をしていましたが、

近年では氏神、産土神、鎮守の神が同一視されるようになってきており、

最も近い場所にある神社に依頼することが多くなってきています。

 

私も数年前に久方ぶりに友人の建て替えの際に参加させていただきました。

それ自体10年以上ぶりなくらいで、やらない方が本当に増えたなぁ〜って思います。

上棟式っていうのもありますが、こちらも見かけなくなりました。

        ………私が気づいていないだけなのかな???

(あと、建売分譲などで購入される方が、

注文住宅で購入される方よりも

多くいらっしゃるという現状もありますよね。)

 

▼地鎮祭の日取り…地鎮祭は慣例的には吉日を選んで行なわれることが多いようです。

地鎮祭の日取りを決める際にいわゆる「地鎮祭の吉日」とされるのは、

大安、先勝(または友引)の日です。施主と施工会社で相談の上、

大安または先勝(または友引)の日を選び、午前中に行います。

神社への予約、飾り付け等の手配や準備は施工会社に依頼するのが一般的です。

出席するのは、施主、施工会社、工事関係者、神職です。

 

地鎮祭は、棟梁、鳶、設計者、施工者など家作りに携わる人間が、

お施主様と顔を合わせる機会でもあり、きちんと挨拶ができる場でもあります。
職人さんたちも、どんな人が住むのか知らない家を作るよりも、

お施主様の顔を思い浮かべながら作業するのとでは、

良い家を建てるための思い入れに違いが出てきます。


ご家族の思い出にもなりますし、

家族の絆を深め大切な家に対する思いの原点になる

と私は、「意義のある儀式」と思っています。

 

スポンサーサイト

  • 2019.05.23 Thursday
  • 13:59
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    ハウジングサクセス

    ニュースチェック

    ブログ村

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM