子育て論

  • 2017.07.17 Monday
  • 12:17

 

この、ハゲっ〜

ってことが園児に流行! TVのせい?みたいなニュースを見ました!
もう、いい加減、誰のせいとかTVのせいとか、やめようよ!って思います。
もちろん、良いか悪いかは色々意見もあるでしょうし、その考えは尊重するべきですが、
時代は変わっていきますし、なんでもかんでもあれは悪いからっていうのは、
実は人間としての心の免疫力の低下につながっていると思うんです。
私は昔から今ある環境を最大限に活かせって口癖のように言っています。
環境を変えるのは環境を活かしてからだと思うからです。
何もなくてもけっこう、なんでもできるものですよ。
要は自分発信ってことです。
あれは教育に悪いから出さないとかではなく
どうしてだめなのかなどを向き合って話をするべきだと思うんです。
誤解のないようにですが、なんでもかんでもいいって言っているのではなく
子供たちに見せない聞かせないを第一に考えるのではなく目の前のことを自分なりに理解できるように
向き合って親子の対話をするべきだと思うんですね。
よく、親になったら親の気持ちが分かるって子供に押し付ける方がおりますが、
そんなの当たり前じゃないですか!親になったんですから。
そんな親に言われたときのあの時の自分が子供だった時の気持ちはどうでもいいのでしょうか?
せっかく親になって子供の気持ち、親の気持ちを経験したんですからどうせ叱られるならあんな言い方しなくてもって思いませんでしたか?
親の気持ちは伝えるべきですが、親の意見を押し付けるのは。。。。。
結果的に同じことの繰り返しになると思うんです。
先日も鬼が出るからちゃんとしなさいっていうしつけはどうか?みたいなのも掲載していましたが、
その鬼をどう説明するかだと思うんですよね。
目に見えるモノとしては存在しないからダメなのではなく、何を伝えるべきかだと思うんです。
子供って親が思っているほど子供じゃないし、大人って自分たちが思っているほど大人じゃないですよね?
私も感覚はいまだに十代のころの感覚がそのまま残ってます。
話がそれちゃいましたが、私はいくつの子供でも、逆に幼少であればあるほど向き合って話をするだけで周りは気にならなくなると考えています。 私が意識していることはいくつかありますが、言ったことは守る。
これはわかりやすい例で言えばTVを見ていて話を聞いていないとか言うことを聞かないとかあった際にお話ししないならTV捨てちゃうよって言って結局捨てないんでしょって思われるような軽い気持ちではダメということです。 本当に捨てる覚悟で親も自分の言葉に責任を持つということです。 
まずは他人や周りのせいにしないで、正面切って親子で向き合うことが結果的にすべてが変わっていく始まりだと思うんです!
まぁ、結論は子育ても政治もなんでも愛情ってことですね!

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

ハウジングサクセス

ニュースチェック

ブログ村

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM