マンションの火災保険!?

  • 2018.12.13 Thursday
  • 16:33

 

マンションの火災保険で個人で加入出来る部分は専有部分(居住部分)のみですが、

では共有部分の火災保険ってどうなってるのかご存知ですか?

購入時に加入されている火災保険というのは、

通常専有部分(居住部分)の保険となっております。

私はこの専有部分の保険について、

必ず『下階への水漏れ対策』だけは考えて

保険を選択していただくようにしています。

 

洗濯機の性能が上がっているから大丈夫と思っているそこのあなた!

危険です。

ヒジョーに危険です!

 

 

本当に誤作動で大変な目にあった方を私は知っています!

もちろん、水漏れの話はしましたが、大丈夫の一点張りで、、、

数年後下階は大雨になっていました。。。

 

マンションの場合、専有部分は個人で保険に入っていても、

↓共有部分↓

土台や外壁などの構造部分はもちろん

ホール

エレベーター

電気・空調の共有設備

窓枠・玄関ドアなどなど…

 

の保険がどうなっているか購入時に確認している方は少ないと思います。

 

また火災保険に加入していたとしても地震保険にも加入している事はまれで、

新たに地震保険に加入するには住民間での合意が必要となります。

一般的には「管理組合の総会で、過半数の支持があれば契約はできる」

となっておりますが、実際合意に至るには簡単ではないようです。

恐ろしいですよね。

自分のお家は守れても、共有部分の修繕がされないマンションなんて

保険にはいっている意味はあるのかさえ疑問になります。


ですが、現状は共有部分にまで地震保険をかけているマンションは

全体の37%しかいないそうです。

マンション全体で地震保険に入っていてほしいところですね!

かといって確認して不安を感じたとしても、

37%ってことは、ほかのマンションも同じような状態というわけですから…

悩ましいところです。

現状としては、地震保険に入っていない=マイナス

というよりも

入っていたらラッキー♪といったところでしょうか。

(私自身は住んでいる戸建てには地震保険は加入していませんが。。。)

まずは専有部分からしっかりとした保険に加入される事はもちろんですが、

自分の安全を守る為には

しっかり保険も管理されているマンション選びをする事をお勧めします。

ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

部屋なの? 納戸なの?

  • 2018.12.02 Sunday
  • 16:34

販売図面を見ていると、ほぼ同じ間取りなのに
「3LDK」
と表示されているケースと

「2SLDK」
と表示されているケースがあります。


部屋数が「3」なのか「2+S」なのかの違いですね

 


この「S」とは「サービスルーム」を意味します

 

 

他に「納戸」「フリールーム」

などと呼ばれることもあります


サービスルーム(納戸)=「すこし小さい部屋」

というイメージがあるかもしれませんが、


実際には部屋の広さは… 

 

××関係ありません××

 

 


ポイントの一つは採光(窓の大きさ)です。


設計の際、建築基準法によって
「居室には、床面積の7分の1以上の大きさの採光部(窓)を設けること」
   と定められています。

 

継続的に使用することが前提ですので、
充分な明るさが確保できているか、
という一つの基準になっているのです。

 

そのほか、採光以外にも換気や天井高等の基準もあります。
 
内装も綺麗にしてあり、

普通の居室としてお使いいただける場合でも、
基準に足りていない場合は、

販売図面には居室として表記できません。
(ただしこれらの基準は、あくまでも法律上の話です)

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○


普通のお部屋のようになっていれば
居室として使うご家庭がほとんどだと思いますが
やはり他のお部屋と比べれば暗いのは間違いないです。
ただ、実際の使用方法や明るさの好み等もあるかと思います。


クロスの色合いでも明るく見えたり暗く見えたりするので、
この辺も工夫一つで変わりますよ〜!

 


お部屋選びの際には、図面上の記載にとらわれず、
実際にお部屋をご覧いただき、判断されてはいかがでしょうか。

室内の広さは面積だけでは判断できないんです。。。

  • 2018.11.25 Sunday
  • 17:49

インターネット上の情報を収集して物件を探すとき、


検索条件で、広さは必ず入力する項目だと思います。
間取り図を見て、リビングの広さはこのくらい欲しい、
個別の部屋はこのくらいの広さが欲しい、

と探していくと思います。

 

でも実際に部屋を見てみると。。。

…( ,,`・ω・´)ンンン?…?

前に見た物件より、面積は広いはずなのに狭いような…?

 

そんな経験、どなたもおありかと思います。

 

 

原因のひとつとして考えられるのが天井高です。

 

2階まで吹き抜けのリビングは

きっと実際の広さよりも広く感じると思います。
逆に、通常よりも低い天井は圧迫感を感じるでしょう。


たった数cmの差でも、感じ方に大きな差が出ます。

 

 

余談ですが、当社ではリフォームの提案のとき

天井を高く感じられるように

壁と天井の色合いの工夫をご提案しております!

 

また、梁も要注意です。
どの部分に、どの程度出っ張っているかで印象は大きく違います。

これはクロスの色選択の考え方をお教えして

お客様に解決策をお伝えしています(^^♪

 

日本人の平均身長は年々高くなっています。
それに伴い、

高さの選べるキッチンカウンターも

通常商品として商品化されていますが、
天井の高さは変えることが出来ません。。。

 

当社では 

 

広く見せる工夫

 

よりも

 

圧迫感を感じないようにする工夫

 

を重要視しています!

 

 

広い狭いはこの『圧迫感』が影響していると思うのです!

 

 

 

また、ご案内時にこういう工夫をしています!等、

しっかりと事実を伝えることも忘れずに行っているので

お客様には逆に「なるほど!」って

喜んでいただくことが多いんですよ〜

 

部屋に入った瞬間の第一印象はとても大切です。

 

自分で手を加えて改善できる箇所


自分ではどうすることもできない箇所

 

の見極めが重要です。

 

 

 

 

…それとそのセンスもね( ´艸`)

 

 

年末調整で地震保険控除の申告はされましたか?

  • 2018.11.20 Tuesday
  • 15:54

えー、地震保険は所得控除の対象ですよ〜

お忘れの方はご注意を!

 

年末調整で申告しましょう。

昔は火災保険だけで地震保険に入っていなくてもよかったのに。。。

(ちなみに私は所有不動産は全て地震保険は入っていません)

 

平成19年1月より地震保険料の控除が創設され、

だんだんと地震保険の加入率が年々上昇してきているように思います。


地震保険に加入されたら、忘れていはいけないのが

地震保険控除の申告です。

地震保険控除を受けるためには、

年末調整の際に控除証明書を会社に提出しなければなりません。

(忘れてしまった場合でも再年末調整というのもあるようです。

ただ会社側からすると歓迎しにくい処理のようなので、

その際は会社の方にご確認ください。)

 

年末調整し忘れた!しまった!という方。安心してください。


確定申告でも対応が可能です。

 

確定申告の期日は3月15日ですので、

それまでに控除証明書をご用意いただき、

忘れずに申告をすればまだ間に合います。

住宅購入後は、引越しやいろんなお手続きなど

慌ただしくなってしまうかと思いますが、

控除を受けられるものなどの申告も忘れずに!!

 

ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

 

保険は保険が必要なときに頼れる担当者だといいですよね〜

 

 

不動産の何を買うか?よりも誰から買うかが重要なのと一緒で、

 

どんな保険に入るかよりも誰から入るか!を重視する

 

ということをお勧めしております!

 

 

当社も以前は火災保険の代理店をしておりましたが、

今は信頼できる専門店舗を構えている担当者を紹介しております。

必要だ!とお感じの方にはご紹介いたします♪

住居表示と地番、実はまったく違うものなのです。

  • 2018.11.17 Saturday
  • 17:36
住所にまつわる疑問にお答えします♪

新築を購入されたお客様から

「地番と住所(住居表示)って違うんですか?」

というご質問を受けることがあります。

 

どちらも土地の所在を示しているようで似ていますが、

実はまったく違うものなのです。

 

 

 

「地番」とは

「法務局」が決めている「土地につけられた番号」になります。

人でいうところの誕生日みたいな感じですかね!(ちょっと違うけど♪)

 

…一方で

 

「住所(住居表示)」は、

「市区町村」が決める「建物についての番号」です。

人でいうところの名前みたいな感じかな!(これもちょっと違うけど♪)

 

新築建物の場合ですと、

土地は元からありましたので「地番」は決まっています

(分筆されると新たな地番が誕生します)が、

「住所(住居表示)」は建物が完成したあとに市区町村が決定します。

(昔は同じ住所にたくさんのご家庭があったりしましたが、

最近は枝番の最後に新たに数字をつけて

同じ住所にならないようにしていたりもします)


建て替えしたときに、今までの住所と違う住所になるケースもあります!

(〇〇区〇〇3-30-31⇒新たに〇〇区〇〇3-30-1みたいな感じです)

 

そのため、住所(住居表示)は建物完成まで判らないということもあるのです。

(市区町村によっては、地番をそのまま住所として使う場合もあったりします。)

 

法務局で謄本を取る場合や、不動産売買の契約書には地番を記入しますが、

不動産の広告には住所しか載っていなかったりと、

場面ごとに使い分けがされていたりしますので、

最初は戸惑うこともあるかもしれません。

 

統一できれば分かり易いのですが、制度趣旨が違いますので難しいのかもしれません。

あぁ~。。。無くしちゃったよぉ

一般的にはほとんどのケースで地番を必要とすることはないので

みなさんは基本的に住所を覚えておけば地番は忘れていても大丈夫ですよ!

(必要なのは不動産売買や抵当権設定の時等くらいです)

その代わり、ちゃんと【権利証(登記識別情報)】

【売買契約書】大事に保管をしておくように!

 

毎年、ご売却の際に「権利証を無くした。。。」

ということで無駄な費用ががかっている方がおられるので!

(少しでも無駄な出費は抑えたいものです。)

ホームインスペクションを考える

  • 2018.11.12 Monday
  • 14:43

宅建業法が改正されてから

中古取引におけるインスペクションも

徐々に当たり前のプロセスになりつつあります。

 

改正宅建業法におけるインスペクションは

建物状況調査と言います。

その名のとおり、建物の状況を調べるものです。

 

この制度、一般の方にはあまり理解していただけていない、と感じています。

誤解しているお客様が多いように思います。

建物(特に戸建て)は調べるだけではあまり意味がないのです。

 

たとえば…耐震性を調べるとしましょう。

家屋の耐震性を調べるには耐震診断を行います。

耐震診断を実施すると、その家屋の耐震性が数値化され報告されます。

当然のことながら、耐震診断を実施しただけでは、安全とは言えません。

診断をもとに改修工事を行って初めて安全性を確保できるのです。

 

耐震については多くの方が

「自分の家は大丈夫だろう」

もしくは

「自分の家は古いから…」

のどちらかの認識で、

 

どちらにも共通するのが

「お金をかけて改修工事をするための診断」

というスタンスではなく

「なんとなく調べてもらったらビックリの結果だった」

という立ち位置なのです。

 

そんなこんなで

前者の場合は「まさか工事が必要とは思わなかった」

後者の場合は「お金をかけてまで改修する価値があるのかどうか」

というような理由が付いて、

必要な工事が実施されないことが多いでのす。

 

耐震診断は有償であることが多いので、結果を知るだけではもったいない。

なぜ実施したのかな?という感想を持ってしまいます。

 

建物状況調査も同じです。

 

仮に雨漏りが指摘されたとして、

「雨漏りがあります」

と報告されただけでは意味がないですよね。

(まあ確かに建物の状態が不明瞭なまま取引するより遥かにマシですが)

・どのように改修するのか?

・どれくらい費用がかかるのか?

・どの程度時間が掛かるのか?

などの

具体的な改善策についての情報こそが大切なのです。

 

状態を調べて結果を見てから検討する」

 

 

「改修工事を行うので個所・方法・費用を明らかにする」

 

のでは

 

内容は同じなのですが、得られる結果が大きく変わります。

 

目的が

「改修工事を前提とする」

となれば、

「それだけ予算を見ておく」わけで、

 

目的が

「結果によって臨機応変に検討する」

となると

「必要な予算が確保されていないケースが多い」のです。

 

 

改修工事を前提とすると、物件の選び方も変わります。

古い家ほど劣化している可能性が高くなり、改修費用も高くなります。

もし気に入った物件が相応に年数が経過している物件だとしたら、

改修工事予算を多めに確保して、

予算内に収まるかどうかの確認が必要になります。

 

調査結果が悪ければその物件の購入を見合わせればよいのですが、

建物状況調査も有償であることが多いので、

やたら滅多に調査を行うこともできません。

 

…となるとお金がかかる調査の前に少しでも情報を得ようと動くことになります。

行き当たりばったりだと事前調査がおろそかになるので、望まない結果になりがちです。

もう少し突っ込んでおはなししますね。

 

 

<判断が間違っている例>

 

×新耐震だから耐震性は大丈夫

20005月以前は耐震改修が必要と判定される可能性が高いです。

20年以上で住宅ローン減税を利用したい方は

耐震改修を前提にしないと実現が難しいです。

 

×リフォーム済みだから大丈夫

→一般に実施されているリフォームは、

設備の交換やクロスの貼り換えなど、

見た目や快適さの改善を目的としたものです。

売主が売却のために実施するリフォームも内装が中心です。

中古住宅購入時に必要なリフォームは住宅性能の向上が目的です。

耐震改修・外壁塗装・屋根塗装・バルコニー防水改善などの

必要な工事の履歴が確認できない場合は、

改修工事が必要と判断される可能性が高くなります。

 

×築浅だから大丈夫

→築10年でも外壁の日当たりのよい部分は

コーキングが破断していることがあります。

さすがに築3年〜5年で劣化が指摘されるというのは言い過ぎなのですが、

あまり築浅であることを過信しない方が良いです。

(ただ、築浅の場合は、改修工事が必要でも比較的安価で済むことが多いです)

 

×買取再販物件だから大丈夫

→事業者による買取再販物件は特に注意が必要です。

買取再販は、可能な限り安く仕入れて、

可能な限り安くリフォームを実施して、

利益を確保する事業モデルだからです。

買取再販事業者がすべて悪いとは言いませんが、

特に性能面で必要以上にリフォームする合理的な理由がないのが事実です。

買取再販物件の場合は、既存住宅売買瑕疵保険への加入を必須とした方が良いでしょう。

中古戸建を検討する場合は、

リフォーム費用を

改修工事費用その他リフォームに区分して

予算を検討する必要があります。

 

「予算を多めに取っておいて結果的に状態が良くて使わなかった」

というのであれば良いことですが、

「思った以上に改修費用がかかることが判明した」

では取引が成立しません。

 

中古住宅に潜むリスクとは、必要な改修費用の金額です。

安心安全な取引のためにも、

インスペクションが欠かせないのですが、

目的を間違えないようにしたいものです。

インスペクションが当たり前になった今だからこそ、

改めて考えるべきことだと私は強く感じています!

人?それともAI?

  • 2018.11.10 Saturday
  • 15:37

 

みなさんもご経験があるように、

お住み替えには必ずその不動産情報が必要になりますよね!

不動産屋さんのHPに希望条件を登録したり

ポータルサイトを見て問い合せしたり、

あちこちの情報をネットや電話などを使って

ひろい集めるための時間と労力をかけている人がほとんどかな

って思います。

 

その「情報を集める作業」をAIに任せて

集まってきた情報についてだけを自分で検討できるのって

便利だと思いませんか???

で、我々営業マンがその先の細かい内容をフォローをする。

ご存知の方も多いと思いますが

我々不動産業者は売主様より売却のご依頼をいただくと

レインズ(国土交通大臣から指定を受けた流通機構が運営しているネットワークシステム)に必ず登録しなければいけない』という義務がございます。

 

違反とわかっていて、この登録をしない業者や、

登録しても商談中とかで情報を開示しない業者が

少なからず存在する悲しい業界ではありますが…

   

(大手、地場業者問わず業界あるあるなのです)

さらに…↑

(よからぬ業者に依頼してしまうと、

知らないうちに損していることもあるんです)

 

しかし、大多数の健全な業者であれば必ず登録して、

少しでも早く売却できるように一生懸命頑張ります。

  ↑当社も含まれております!(ここ、強くアピール!!)

 

さて、ここで皆さまお気づきかもしれませんが…

不動産は「何を買うか?」よりも

「誰から買うか?(どこに依頼するか)」の方が

将来が変わってしまうくらい重要な要素なのです。

 

  なので…

多くの不動産屋やポータルに登録しての物件探しより

「ビッグデータを瞬時に見極めるAI」

に任せてしまうことをお勧めします!

 

あちこちから掛かってくる営業の電話に時間を取られることもありません

 

ご自分が気になった物件を真剣に検討するために時間を費やせます!

 

…でも、その情報はどうやって入手するのか???

 

簡単です!

当社でも提供している、

物件提案ロボ】という無料アプリを利用するだけです

ここ最近、当社で不動産を購入されたお客様はほぼ100%利用されています!

 

 

 

 

●おすすめポイントその1

文字データが登録されたら

即!直接お客様に情報の紹介します

図面ができるまで…なんて待ってない、即!です

 

だから気になった物件だけ、

後からゆっくり間取を取り寄せればいいんです

登録された条件からAIが直接紹介するので、

間違った情報が紹介されることもありません

 

さらに、希望条件も手元ですぐに変更できますヨ!

 

 

だ・か・ら♪不動産屋に連絡して探してもらったり、

自分でポータルサイトを色々と見なくていいんです(^^♪

 

●おすすめポイントその2

ここだけの話、このAIは物件の紹介だけでなく

気になる物件の評価までしてくれる

超優れものなのです!

 

さすがに私たち人間では、

物件評価を感覚的にお伝えすることはできても

数字で示すことはできません

 

これってとても重要だと思うんです。

客観的に示してくれるので、良いも悪いも全てが正直です。

 

営業マンは売りたいがために、どうしても右寄り?左寄り?

寄ってしまうんですよね!

これは仕方がないことだと思います。。。

 

こういうことは人ではなく、

感情を持たないAIが一番良いのです

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

でも、最後は売り上げ重視ではなく、

お客様に寄り添った営業マンが頼りになります!

AIが導き出した答えを親身に検討できるのは人間です

 

便利なだけでは解決できない大事なことは

やっぱり人!

 

 

 

人と人との付き合いももちろんですが、

家族が笑顔で過ごせる住まい探しに

AIも必要不可欠な時代となりました!

 

 

★必要なければいつでも登録削除できます★

☆当社一押しの無料サービス☆

物件提案ロボ

をぜひお試しください!

  

 

 

追伸

北は北海道から南は沖縄まで全国どこでも対応しています!

物件提案ロボ】 

 

 

でも日本国内だけのサービスのなので、

バリで探している! 

ハワイは〜?

なんていう人は、悪しからずw

 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

ハウジングサクセス

ニュースチェック

ブログ村

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM