新年のご挨拶

  • 2020.01.01 Wednesday
  • 00:01

 

明けましておめでとうございます

 

皆様方におかれましては、
新春を晴々しい気持ちでお迎えのこととお慶び申し上げます。

旧年中は格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。
本年もより一層のご支援を賜りますよう
スタッフ一同心よりお願い申し上げます。

家賃の滞納

  • 2019.12.14 Saturday
  • 14:06

 

ちょー久しぶりのブログです。

 

ありがたいことに売却相談を異常なほどの件数いただいており、

ここのところ査定に次ぐ査定の毎日ですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

当社では不動産の無料相談を受けておりますが、

この時期になると家賃滞納(された側としている側)についての相談が増えます!

 

いつも思うことですが、法律は大事であり守るべきものですが、

できればお互いの気持ちを大事に、そして

裏切らない関係でできないかなぁ〜・・・って思います。

 

家賃滞納に限らず、もめれば弁護士さんに依頼することも多々あるでしょう!

弁護士でも心ある誠実な方もいらっしゃいますが、

もめればいいとでも思っているような、

ふざけた態度の弁護士も本当にたくさんいます。

まぁ、そういう人は、そんな考えや態度だから依頼も少なかったりするでしょうから

報酬ありきな考えに余計寄って行ってしまうのかな?

負のスパイラルですね。

まぁ、業種問わずまずは心を大事にしたいと私個人は思います。

私は恩も仇も受けてから返します。

 

そして基本は平和主義!

  ↓

だから、わざわざコトを荒げずに済ませたい!

  ↓

でもオラオラ来られると対応せざるを得なくなる。。。

  ↓

そんなに暇じゃないから本当は相手にしたくない。

  ↓

ん?負のスパイラル?

 

 

あれ?話がそれてしまいました( ´艸`)

 

 

家賃滞納の話に戻ります。

 

家主目線で見れば滞納されたくないので、審査が厳しくなり、

賃借人目線で見ればちょっとくらい大目に見てよ。。。

ざっくり、こんな感じになると思いますが、

やはり私が大事にしている気持ちだけでは解決できません。

お互いに悪意を持った時点で、さらに事は大きくなっていってしまいます。。。

 

ですが、最近相談で感じることですが、

管理している管理会社の担当者のヒアリング能力が低いために

方向がずれて大騒ぎになっているケースも見受けられます。

 

とはいえ、約束(契約内容)が守れていれば

能力低い営業マンと不快なやり取りしなくても済むわけで

「これくらい…」という甘い気持ちは持たずにちゃんと約束は守りましょう!

家賃が払えないという理由はただ一つ。

金額が自分の生活に負担となっている。

…ということは無理して家賃の高いところよりも

余裕が持てるお部屋を借りるべきです。

理想を追うよりも最低限の条件をクリアしていることをベースに探して、

冷静な判断をすると良いのかな!って思います。

「今」ではなく「先」を見据えて判断するとよいと思います。

 

私自身不動産に大きなこだわりがありません。

(不動産屋さんの私が言うのもなんですけど)

売買の話になってしまいますが、例えばもし自宅を購入するとして、

自分の限界値の不動産を買うくらいなら、条件抑えた不動産を購入し、

他に価値ある不動産を別に買います!

(利回りが良いとかそういう世間一般的な投資とは別の考えです)

これも、「今」ではなく「先」を見据えて考えているからです。

 


 

ということで、実際に滞納が起こるとどうなるか!をお話ししますね。

 

何か月も滞納されて、お困りのオーナー様はたくさんおられると思います。

今すぐに立ち退いてほしいのにどうやって明け渡し請求をすればよいのかわからない。。。

やり方間違って逆に訴えられてしまうケースもあったりします。

 

こうならないためにしっかりと入居審査をしなければなりませんが、

それだけで解決できるものでもないのが現実です。

 

早い段階に色々と順を追って対処していかなければなりません。

この色々な段階に合わせた業務ができる管理会社かどうかはとても重要です。

(すぐに弁護士に任せればよいという対応の業者は業務ができるとはいえません。。。)

 

でもでも、解決できずに諦めてしまうオーナー様も多々いるかと思います。

 

強制執行手続きに入る方もいるでしょう。

 

それまで経験したことのないオーナー様に、

そして家賃なんか簡単に踏み倒せるなんて考えている人は

ちょっだけでも頭に入れておいてくださいね。

 

家賃の請求時効は5年です。《民法169条》

年又はこれにより短い期間によって定めた金銭その他の物の給付を目的とする債権は5年間行使しない時は消滅する。(抜粋)

 

ということは、行使しないがポイントですね。

オーナー様は督促することを忘れないようにしないといけませんね!

滞納者は5年間はいつ督促されるか不安を抱えたまま過ごすことになりますね!

 

ちなみに時効の起算日は最後に請求したもしくは支払いされた日から数えます。

尚、数え方は支払期限のの翌日から5年です。

ということは督促(請求)していれば時効にならないってことですね。。。

 

今まで平気だった滞納者はたまたま請求されていなかっただけかもしれませんよ!

今の日本経済を考えると今までのように静かな大家さんではなく

きっちり請求する大家さんの方が増えてくるのでは?

と思いますので、約束事はちゃんと守るようにしましょうね!

 

ちなみに…強制執行とは

「法律上の権利、賃金債権、建物明け渡し請求権などを強制的に実現する手続き」のことです。

強制執行の際は強制執行担当の裁判所の職員(執行官)が借家人を退去させることになり、

その際は借家人と同居している家族はもちろん、家具や動産類を運び出して空室の状態にします。

オーナーさんは手遅れになる前に正しい対策をして、

賃借人さんはこんなことにならないようにしていかないとなりませんね!

 

 

 

ちなみに当社は家賃滞納はゼロで管理運営させていただいております!(^^)!

 

 

不動産の売却査定って何を根拠に。。。

  • 2019.08.17 Saturday
  • 17:10

 

 

最近、あちこちで高額査定で売却できたって聞くけど、、、本当かなぁ〜???

 

なんで急にこんなことを書いたかって言うと、

最近のネットの広告なんかで

「2000万円だったボロ家が3500万円で売れた!」

なんてことをよく見かけるから。

 

 

正直言って

 

誇大広告にもほどがあるでしょ!

 

って思うんですよ。。。

 

 

 

インターネットがまだ普及していない頃の不動産取引であれば

営業マンの口八丁手八丁で

そんなこともあったかと思います!

 

でも今は、誰もが正確な情報を把握できる時代です。

その物件自体は知らなくても近隣の事例を見ればすぐに高い安いはわかると思うんです。

 

ここで念のため高い安いですが、あくまでも高すぎるか安すぎるかなんで、

強気なものはたくさんありますよ!

強気のまま売れちゃう物件も個人的感覚であれば3割くらいはあるんじゃないかな?

 

この価格って目線で変わるんです。

 

どういうことかって言うと、他人のものは安く見え、

自分の不動産は増し増しで評価しちゃうんです

 

 

我々不動産業者であっても、自宅は高く評価しがちwww

 

大事なポイントは他人の不動産なら自分の不動産のつもりで!

自分の不動産なら他人の不動産のつもりで評価すると

余計な感情は出ないんじゃないかと考えています。

 

ちなみに当社では売却希望の方々には

自分の不動産を自分ならいくらで買うか?

を冷静に考えてください!ってお話しします。

 

 

 

これ、けっこう、的を射た金額になるんですよ!

だって高く売りたい、でも買うなら安く買いたいって

一人二役で判断するんですからねw

 

そのうえで近隣の相場を把握していれば

自分の希望や理想と現実をマッチングさせて

良い判断ができるんです。

 

だから、大事なことを列挙していくと

1、査定額が高い安いで判断しない

2、会社の規模で判断しない(あくまでも営業マンの資質や相性を大事にってことです)

3、売主様のことを本気で考えていてくれているか(これは…見極めるのが難しいかも)

4、「当社ならこの価格でも売れます!」は信用しない

5、査定額の根拠がはっきりしないものは要注意

6、逆に買取をしようと色々と問題点のようなことを言う→(本当にある場合もあるが、法的に問題があるかないかだけを抑える)

7、まずは訪問査定をしようとする業者も要注意→(あくまでもご自身が希望の場合は、早め早めに訪問査定することをお勧めします)

8、リフォームや建築の話が分かっていない(ある程度は話ができないと相談する人が都度変わってします)

9、賃貸専門店には相談しない(当たり前ですねw、ですが賃貸やっているところは知識が広いことが多いです)

10、どんなに内容が素晴らしくても相性が合わない営業には任せない(必ずボタンの掛け違いが発生します)

 

他にもいろいろありますが、まずはこれくらい抑えておくといいかもしれませんね!

 


 

ではでは、ハウジングサクセスはどうなの?

ハイ、当社ではAIをベースにした査定額をご提示させていただき、

そこに物件ごとに戦略の提案をさせていただいております。

さらに口だけでは何にもならないので、

売却時、査定額を下回る時は仲介手数料を値引かせていただいております。

それくらい責任をもってご提示させていただいております。

 

そしてこちらには過去10年分の販売事例を掲載しております。

http://www.housing-success.co.jp/baikyaku/cont-line.html

 

再建築不可等で急激に価格が安くなることはあっても、

そんなに条件が良くても急激に価格が上がることはありません。

 

あとは営業マンの雰囲気で見極めたい点ですが…

ご自身で大体の査定額が把握できていれば

やみくもに高く査定する営業マンが来た時に

(あ、こいつ『仲介で委任を取ってから、売れなければ下げさせればイイや』

って考えているな〜)ってことが予想できます。

 

逆に色々とマイナス面を羅列し、査定額が低い場合は

『おぬしの物件、実は買い取りたいんじゃよ〜』っていう

営業マンの気持ちが透けて見えてくると思います。

 

 

いくらで売るか!よりも

誰に売ってもらうか!の方が実は重要なので

営業マンとの相性は大事にしてくださいね!

 

個人情報の取り扱いについて、それはおかしいのでは?と伝えたところ、

ごまかしたり返事をよこさなかったり、と

信じられない対応のポータルサイトの担当者に困っている金子でした〜((´∀`))ケラケラ 

 

あ、買う方じゃなくて売る方のポータルサイトね!

 

 

SNS♪

  • 2019.07.11 Thursday
  • 16:47

 

今日は私個人のSNSの内訳についてで〜す( ´艸`)

 

まずフェイスブック。

 

これは基本的に業務に関係することやその延長で、

内容に自分の意見を入れています。

 

 

んでもって、ツイッターは…

 

本当にたま〜にちょっとしたやり取りはしますが、

ほとんどが物件情報ばっかりです!

これがけっこう、このルートからお問い合わせがあったりするのです。

う〜ん不思議ですねぇ〜(^^♪

 

最近はインスタもやっていますが、

こちらは逆によほどのことがない限りプライベート一色なんです❤

 

ブログはやっておりますが、その他のものは。。。やってませんw

あっちもこっちもやる余裕が無くてwww

 

 

 

 

そんな私のSNSはこちら

フェイスブック・・・https://www.facebook.com/norihiro.kaneko.1

ツイッター・・・https://twitter.com/housingsuccess?ref_src=twsrc%5Etfw

インスタグラム・・・https://www.instagram.com/kanekonorihiro/

 

ちなみにそこのあなた!はどんな使い方してます????

 



 

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

ハウジングサクセス

ニュースチェック

ブログ村

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM